転職・アルバイト・人材紹介のことならFind GoodJobへおまかせ!!
あなたのお仕事探しのお役立ち情報サイトです。

 転職の問題点

転職における問題点について当ページではご紹介していきます。

受給のミスマッチ

求職数に見合う数の求人数があるにも拘らず、条件があわないため雇用が創出されないことを需給のミスマッチ雇用のミスマッチとも)と言います。産業構造の転換が進んでいる際によく見られます。

バブル崩壊後の不況期は、ゆこう求人倍率(求人数・求職者数)が恒常的に1を下回っていました。ただし、IT化によって必要とされる各種技術者については、求人数が求職者数を上回る需要超過の状態が続いていました。一方、一般事務職などは、有効求人倍数が持ち直しても求職者数が求人数を上回る供給超過状態が続いています。

ミスマッチを防ぐためには、的st宇名職業教育や、初心者を雇用することになる企業への補助などが必要だと言われています。企業側もこの流れを受け、採用後の徹底的な社員研修を行い人材育成に力を入れるようになりました。

機密保持と競業避止

公務員は、退職前5年間に勤務していた内容に関係する民間企業に、退職後2年間は就職出来ません。民間企業などでも就業規則などより、退職後一定期間(半年から1年が一般的)、競業会社へ就職することを禁止していることが多いです。

これら競業避止義務は、機密保持の観点から必要とされますが、、経験を生かした 転職を難しくしている側面もあるようです。競業避止は職業選択の自由を制限するものなので、要件・範囲が明確にされている必要があり、不適切な規定は取り消されます。

ただし、新製品情報などの機密情報は、競業避止規定の有無に関わらず守る義務があります。

早期離職者の増加

転職市場が活発になりつつあるとは言え、雇用者と労働者の間には情報の非対称性が存在します。そのため、職後に「こんなはずじゃなかった」という感想を抱く人は多いようです。転職に満足している人の割合は60%程度で、逆に不満を感じている人は10%程度となっています。

これらの層は、転職を繰返す可能性が高いと考えられます。転職者のうち、3回以上転職している人は全体の4割程度にのぼっているようです。

キャリアの拒絶

前職での経験が生かされていると答えた人の割合は5割強、活用されていないとする人は25%程度になっていて、知識や経験が必ずしも蓄積、活用されているとは言えません。

ただし、専門・技術職や管理職では、7~8割程度が何かしら経験が生かされていると答えています。機密保持との兼ね合いで経験を生かせる職に就けないこともありますが、25歳程度までの若年層を対象とする第二新卒に示されるように、企業側が中途半端な知識・経験を求めていないという点も指摘されます。

転職回数が多い程不利になる?

問題点とは言い切れませんが、一般的に「転職は3回まで」だと言われています。転職回数が多いと不利になる理由としては、「転職を繰り返している」という事実が、「この求職者は飽きっぽいだけで、仕事が続かないのでは」という危惧につながりやすい事が挙げられます。

でも、転職がキャリアアップを目的としたものであったなど、キャリアに前向きさが見られる場合は不利にならないケースもあるようです。

人材紹介会社tとは人材紹介会社の選び方人材紹介会社の選び方2


お仕事コラム

世の中にどれくらいの職業があるのか考えたこっとってありますか?

仕事は生きるため、生活するためにはやらなくてはいけないことですが、仕事を仕方なくやるほど苦痛なことはありません。

転職を考えている人、やりたい仕事が見つからない人、どんな仕事があるのか知りたい人など、きっとあなたが思っている以上に世の中には、面白い仕事がたくさんあると思います。

あなたがやってみたい仕事や興味が持てる仕事がきっとあるとおもいます。ゆっくり探してみてみましょう。